古い家から

白い廊下

新築で家を建てても10年もするとガタがきます。
また、20年もすると建物自体の価値がなくなってしまうことが多く、そのまま住み続けるか建てなおすかで悩む人も多いと思います。
そのまま住み続ける場合にはリフォームをする必要があります。
家が傷んだ状態で何年も住み続けても問題が起こらなければそれに越したことはありません。
ですが、災害の多い国ですので、今後起こりうるあらゆる状況を予想して家に住むのが賢い住み方なのです。
では、リフォームの魅力とは何でしょうか。
それは見た目が買った時の状態に戻ることです。
人間で言うならアンチエイジングをして、10歳、20歳若返るのと一緒です。
だとすれば、直せる箇所は直してきれいな状態にして使うのが良いでしょう。

リフォームに似た言葉があります。
それはリノベーションです。
良く聞くこの2つの言葉ですが、いったい何がどう違うのでしょうか。
まず、リフォームとは、家を新しい状態にすることです。
リフォームする箇所は床だけの場合もありますし、柱梁を残して全部リフォームする場合もあります。
例えるなら生まれた時に若返るようなものです。
ただし、そのスペックは変わりません。
一方リノベーションとは古い家を改造して買った時のようにきれいにするだけでなく、新しい機能を付けたり、庭に部屋を増築したりしてその付加価値を高めることです。
生まれ変わるのはリフォームと同じですがスペックが高くなった状態として生まれ変わる点において違いがあるのです。
当然リノベーションのほうが金額が高くなる可能性が高いのです。